メリット

子供を育てる上で、大きな費用となるのが教育費です。教育費のためにコツコツお金を貯めていた、という家庭は大丈夫ですが、子供がたくさんいて教育費が賄えない、という場合は大変です。
そういう場合は、奨学金や教育ローンを利用しましょう。それぞれメリット、注意点が異なるので、理解した上で利用することが大切です。
奨学金と一言で言っても、日本には数多くの奨学金があります。財団の種類もたくさんあり、財団によっても内容や特徴は異なります。
財団だけではなく、公的機関や民間で用意されている奨学金もあり、全てを把握することは難しいです。
その奨学金を借りるためには、「向学心の有無」です。通常お金を借りる場合は、収入があるかどうか、返済があるかどうか、ということを審査基準とすることが多いです。
しかし、奨学金の場合は学費のために利用するので、向学心を審査の基準として見られるのです。
その奨学金のメリットは、学校を卒業して仕事に就いてから返済できる、ということです。

奨学金を借りることは、借金するということです。保証人、連帯保証人は親や親族がなりますが、返済するのは基本的に本人主体となります。
つまり、子供にとって初めての借金になるということです。
本人が主体の借金なので、親が金融機関のブラックリストに載っている場合でも、審査には影響しないことがほとんどのです。
また一般的な借金とは違って、学費のための物なので、社会的な印象が悪くないということもあります。
このような要素も、財団から借りる奨学金のメリットなのです。