ビジネス

奨学金は様々

現在多くの奨学金制度が各財団によって取り入れられていますが、特に多くの学生が利用しているのが借りるタイプの奨学金です。
基本的に進学が経済的に困難な場合に利用する制度ですが、かりる場合であれば各地方自治体や市町村によって様々な制度が取り入れられているので多くのプランが存在します。
特にほとんどの学生が利用しているのが日本学生支援機構の奨学金制度です。
かりる際にも無利子で貸付をおこなう第一種奨学金制度と利息がかかる第二種奨学金制度などがあります。
その他財団によっては返済方法も様々な形を取り入れていることがあります。
奨学財団ではほとんどが貸し出す方法の制度を取り入れていますが、各都道府県では地方自治体が給付という形で奨学金制度を取り入れていることもあります。
特にもらう方法の場合であれば、優れた成績を残したが経済的に進学が困難な場合や、海外へ留学するのにお金がかかる場合などに利用されています。

奨学制度は基本的に借りた財団に対して、卒業後すぐの返済が義務づけられています。
財団によっても設定している固定利率が大きく異なってくるので借りる前に返済の利率をチェックする必要があります。
また、卒業後に長期間返済が滞った場合で、なおかつ悪質なものとみなされた時は、奨学財団によっては法的な処置が取られる場合もあるのでしっかりと返済計画をたてることが大切です。
法的な処置をとられてしまうと、給付の差し押さえ等の厳しい社会環境に置かれる場合があります。
正当な理由で毎月の返済が厳しい場合には、一定期間猶予が与えられることもあるので、借り入れから返済まで財団に問い合わせたり、ホームページで確認したりして未然に防ぐ事が大切です。

財団によっては海外留学に特化した奨学金制度がある財団も存在します。
特に海外となると渡航費や現地での生活費などで多くのお金が必要になります。留学先の国によっては海外から学びにくる優秀な学生に対して奨学金制度を設けている国もあります。
日本からの留学先で多いアメリカへの奨学金制度を取り入れている財団では、学ぶ分野や専攻も絞って貸付をする財団もあります。
また、奨学金から現地でのサポートまで海外留学をサポートしてくれる機関もあります。
海外留学を考えている人はそれらの財団と一緒に支援機関を利用することで、より良い留学生活を送ることが可能になります。

借りるまでの流れ

いざ財団から奨学金を借りるとなると、貸付が始まるまでにいくつかの手続きが必要となります。保証人となる人を設定したり、返済用の口座を作ったりとあらゆる準備が必要になります。

» この記事の続きを読む

奨学財団の選び方

自分の進学コースに合った奨学金を借りるには、しっかりと財団を見分けなければいけません。それぞれの学部や分野に特化した奨学金財団もいまでは数多くあります。より良い財団を見つけるための選び方や調べ方を紹介します。

» この記事の続きを読む

メリット

財団から初学金を借りる場合は、そのメリットを知っておく必要があります。メリットを知っておくことで、奨学金を上手く活用することができます。教育費として、教育ローンを借りる方法もあります。

» この記事の続きを読む

注意点

財団から奨学金を借りる場合は、メリットだけではなく注意点を理解しておくことも重要です。奨学金で学費を賄えない場合は、教育ローンを利用するという方法もあります。教育ローンと奨学金は様々な違いがあります。

» この記事の続きを読む

オススメリンク